アリババ中国輸入サイトが「サンプル無料キャンペーン」を開始(2011/01/13)

アリババ(本社・東京都中央区)は12日、同社運営の「アリババ中国輸入サイト」にて、「サンプル無料キャンペーン」を始めた。日本のバイヤーは、同サイトに掲載された対象製品について、製品代金や送料・関税・消費税などすべて無料で、72時間以内にサンプルを入手できる。

同キャンペーンは、中国浙江省政府による同省中小企業の対日貿易支援プロジェクトの一環で、同省政府からも後援を受けた。対日貿易に意欲がある同省の中小企業1000社が参加し、2011年中にアパレル、服飾雑貨、家庭日用品を中心に、産業材を含めた3万個のサンプルを配布する予定だ。

対象サンプルを事前に日本の倉庫に運んでおくことで、申し込み後の迅速な配送を可能にした。アリババによると「サンプル無料キャンペーン」は予想以上の好評で、12日の開始後3時間内でサンプル1000個以上の配送申し込みがあった。第1期分の「日本国内在庫」を、かなり早く配布しおわる可能性もあるという。中国から届く次回分のサンプルは2月中旬に配送可能になる予定だ。

同キャンペーンでは、日本のバイヤーが、面倒な費用負担の交渉や送金の手間をかけることなく、中国製品輸入の最初のステップであるサンプルの取り寄せを効率的に行えることが特徴だ。製品調達をよりスムーズに進めることができると、期待されている。

アリババ(アリババ株式会社)は2008年5月30日の設立。主要株主はソフトバンク、アリババドットコム リミテッド(中国・浙江省杭州市)。(編集担当:如月隼人)

サイトURLはこちら